羽目板屋どっとこむ TEL:0120-23-3672
  • 会員登録
  • マイページ
  • お買い物ガイド

当社のこだわり

超仕上げについて

超仕上げについて

マルウメのこだわり「杉の超仕上げ」

当社では、羽目板の最終仕上げは、ペーパーでのサンディングではなく
カンナでの「超仕上げ」を施します。

動画でご紹介


仕上げ前と仕上げ後の比較

【超仕上げ前の羽目板】

超仕上げ前の羽目板

プレーナー加工による刃跡が見えます。

→

【超仕上げ後の羽目板】

超仕上げ後の羽目板

つるつる☆光沢のある美しい表面に!

超仕上げが良い理由

かんな超仕上げの様子仕上がりイメージ

一般的な仕上げ方法は表面をペーパーで研磨する方法ですがマルウメではペーパー仕上げを行っていません。
杉には、空気中の水分を吸収・放出し、室内の空気を浄化してくれる働きがあるのですがペーパーで研磨したり、ウレタン塗装などを施すと、水の通り道である木の大切な導管がつぶれて呼吸もできなくなりせっかくの杉の調湿効果を発揮できなくなるのです。


ペーパー仕上げと超仕上げの比較
超仕上げは大工さんが木の表面をカンナで薄~く削るので、大切な導管も塞がらず、本来、木の持つ呼吸機能、調湿機能を生かしたまま美しい光沢となめらかな手触りの表面に仕上げることができるのです。

でもやわらかい杉材にカンナをかけるのは非常に難しく、熟練の技が必要となりますので、超仕上げの羽目板は とても稀少価値の高い羽目板なのです。

加工した羽目板の写真


超仕上げの商品一覧

フローリング(床板)

無節の羽目板(壁・天井)

羽目板(純白)

杉の赤身の魅力

赤身ってすごいぞ

赤身の説明

杉の赤身は、実はヒノキより強い!
法隆寺昭和大修理に携わった、
西岡棟梁も
「杉の赤身は100年以上もつ」と、言われているように
非常に耐朽性に優れた材なのです。

杉赤身って何?

杉の赤身としらた

何で水に強いの??

1.
白太の細胞は、活動していますが、赤身の細胞はすでに活動が
ストップしているので水分の通り道も閉鎖されています。
一旦乾燥すると、水分を吸湿しにくくします。
だから吸湿しにくいのです。

2.
白太から成長して赤身に変わる時に虫やカビから身を守る成分が
貯えられるのです。だから、カビに強く、水まわりへの施工に ぴったりなのです。

施工したらこんな感じです。

総赤身施工例

総赤身施工例

総赤身節有り

商品はこちらです。

商品のこだわり

 当社の商品は50種類以上あります。
床・フローリング用の羽目板や、壁・天井用、腰板用などなど様々なシーンでの羽目板をご用意しております。

 当社の羽目板のこだわりは、材質・乾燥方法・加工です。

 羽目板の材質は、九州産日田杉の丸太、色の綺麗な目の細かい、素性の良い真っすぐな丸太のみを厳選して製材します。曲がり、芯に割れ、目が荒い、色が特別に黒い、このような丸太は製材しません。

 従って、良質で綺麗な羽目板をお客様に自信を持ってお勧め出来るのです。
 
極めて環境に優しく、強度が強くて艶が出る、昔ながらの天然乾燥を行っています。
 また、カンナによる超仕上げで板をつるつるにし、様々な場面に応じた加工形状を実現します。

床

壁・天井

壁・天井

腰板

腰板

その他の商品

その他

保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!
あと__MEMBER_RANK_NCNT__の購入でランクアップ!
アウトレット セール うづくり加工 腰板を作る 法人様専用サイト

ご購入に
迷われている方へ
無料サンプルの申込はこちら 施工事例を見る お客様の声
お役立ち情報!
初めて当社を利用される方へ 必要な束数を自動計算 DIY初心者の方向け施工方法のご紹介 月刊!梅江製材所 うめさんブログ

業者法人のお客様へ 大量発注喜んで承ります。詳しくはこちら

ご利用ガイド
会社概要
梅江製材所は
合法木材共有事業者です。
メルマガ登録

ページトップへ