羽目板屋どっとこむ TEL:0120-23-3672

梅江製材所 ウメさんのブログ



新しいうづくりマシーン導入しました。

ブログを読んで頂きありがとうございます。

日田市はこの所、雨が降らず晴天続き、

最高気温も軒並み30度近くまで上がり毎日大変暑い日が続いています。
そしていつものように今年も気温ランキングに、たびたびランクインしています。
さて、弊社の看板商品でもある、うづくり仕上げの床板。

このたび新しいマシーンを導入しました!

発注から3ヶ月ようやく待ちに待った、日がやってきました。


クレーンで搬入しました。

いままで使っていたマシーンよりかなり大きいです。

写真ではわかりにくいのですが、

従来のうづくり仕上げの写真です。
これでも充分きれいなのですが、ちょっと素朴なイメージですよね。
木目の凹凸があまり滑らかではありません。素足で踏むと足の裏に結構刺激があるので、
健康には良さそうですが、
お客様から、”正座すると、痛いから浅堀にしてください”と言う方も結構おられました、、

下の写真が新しいうづくり仕上げ。
杉フローリングうづくり

うづくりの凹凸ひとつひとつの角が丸く削れています。肌触りも柔らかくて滑らか。
そして一番の違いはツヤです✨
光を当てたときの光沢は高級感があり、うづくりと超仕上げをミックスしたようなイメージです。

このうづくり仕上げはフローリング以外のほぼ全ての羽目板にも加工できます。

これまで以上に弊社のうづくりを是非よろしくお願いします。

タグ: , , , , ,

カテゴリー: うづくり仕上げ,ブログ,施工事例(床材),最新情報,未分類,杉フローリング

うづくりが更に進化しました

ブログを読んで頂き有難うございます。

今日は日々進化しつつあるマルウメのうづくりについてです。

先日、私はうづくりマシーンに装着している

ブラシを メーカーに 言って作ってもらいました

特殊な素材で出来ています。

これが送られて来たばっかりのブラシ

うづくり用ブラシ

ブラシに秘密が隠されています。

私の意向を聞いてもらい、 メーカーに頼んで 特別に作ってもらいました。

このブラシで磨くとこのよう杉の光沢が更にアップします。

杉は油分が多いため磨けば磨くほど光ります。

うづくり
このブラシ特殊な素材で出来ています。

ツルッツルピカピカになります。

熱圧処理と言う仕上げがあります。

詳細です。http://service.e-house.co.jp/woodland/words/netsuatsu.html

表面の硬度がは上がっていませんが、似たような効果はあります。

杉は柔らかいのでとても加工がしやすく、更に油分が多いので

このように磨けば磨くほど艶が出ます。

肌触りが最高です。

しかも、自然素材ですので、とてもエコ、、

裸足で歩きたくなります。

これからは、この仕上げをして行きます。

ぜひ、リフォーム新築を考えてる方は一度は考えてみてください。

うづくりの商品こちら


タグ: , , , ,

カテゴリー: うづくり仕上げ,ブログ,最新情報,未分類,杉フローリング

桧(ヒノキ)のうづくりフローリング

こんにちは!

ブログを読んでくださってありがとうございます。

今日は桧のうづくりについてです、、

杉では無くて、ヒノキです。

桧のうづくりは出来ないものと思っていました。

ヒノキは元々杉より固く何輪と年輪の間の夏目も硬さが、

ほぼ同じな為、うづくり仕上げは出来ないものと思い込んでいました。

ネットで検索してもあまり無いみたいで、、

お客様の希望で作ってみました。

やってみたら、出来ました。。

こんな感じになります。

ヒノキうづくり仕上げ

思ったより綺麗に仕上がったので私もビックリです。

ただ、写真の上から3枚目の綺麗にうづくりが出来ていますが、

これはうづくりマシーンに2回投入しました。少々手間が掛かりますが出来ました。。

考えたら、家具の天板とか、タンスの引き戸にもうづくりが張られてますので

出来ない筈は無かったんですよね、、(家具材は桧より硬い広葉樹)

桧うづくり仕上げ

ただし、、桧の冬目は目合いによって風合いが変わります。

1本1本うづくりの目の出かたが変わりますのでなかなか難しいです。

これをお客様に提供するにはかなりのコスト掛かると思います。

ちなみにこのうづくりマシーンで2回削れば

うづくりマシーン

この写真のようなのうづくり仕上げになります。

うづくり仕上げヒノキ床板

ちなみに、この商品は桧フローリング無節 15*105*1900エンドマッチです。

タグ: , , , , ,

カテゴリー: うづくり仕上げ,ブログ,最新情報,未分類,桧フローリング

幅木・見切り材もうづくり加工できます

こんにちは。ブログを読んでくださってありがとうございます。

お客さまからの要望で

見切り・幅木の材料にもうづくり加工してみました。

 

巾木・見切りとは図のように腰壁の見栄えを良くするために

上下に取り付ける板です。

 

去年、導入した新しいうづくりマシーンでは、フローリングだけでなく
いろいろなサイズの材料を加工することができます。

 

●17×41×1985mmの幅木・見切り材↓

●中幅木
17×55×1985mmの幅木・見切り材↓

柾目がきれいに出ていますね。

そして、壁用の羽目板にも加工してみました。

和風の店舗への提案用のサンプルです。

気に入っていただけるといいな(•ө•)♡

タグ: , , , , ,

カテゴリー: DIY腰板,DIY腰板,うづくり仕上げ,ブログ,最新情報,未分類,羽目板無節

マルウメのうづくり仕上げの歴史

ブログを読んで頂き有難うございます。

今日は弊社のうづくり仕上げの歴史について書きたいと思います。

 

うづくりとは、現在弊社が一番おすすめしている杉板表面の加工方法で、

杉の木の柔らかい部分を削り取り、硬い部分のみを残し凹凸を強調する技法です。

機械がない時代は苅萱の根を束ねたものをブラシにして木肌を削っていたようです。

こうすることで、柔らかく傷がつきやすいといわれる杉材もキズに強くなり、床材としても耐久性に優れた材料となるのです。
杉うづくりのフローリング施工例[/caption]

 

 

最初は建築材料で鴨居と言う部材を材木店、材木市場の卸商品として作りはじめました、

鴨居と言う名称の材料はこれです。

もともとうづくりをかける必要は無い材料なのですが、鴨居として木材市場に出品するのには見栄えを良くする必要がありました、

結局は無駄な事をしていたのですが

商品として綺麗に磨いて見栄えがよければ高く売れます。

見栄えが悪いと材木屋の目に止まらず安く叩かれるのです。

そこで、

中古の機械を導入することにしました。ギターを作っていた工場から安く売ってもらえたのです。

ギターを製造する時にギターのネック部分を磨く機械です。

全然、用途の違う機械でしたが、何とか改造に改造を重ねて平角材を磨けるように作り変えました。

その機械がこれです。

この機械を10年あまり使いましたが、不況の末、鴨居も売れなくなり…

次に天井板を作ることにしました。

 

 

その天井板をうづくり仕上げする機械をまた中古で購入しました。

今度は家具製作工場から安く譲って頂きました。その機械がこれです。

 

だいぶきれいなうづくりが出来るようになりました。

 

この機械は2017年の5月まで使いました。

 

そして昨年2017年6月にニューうづくりマシーンを導入しました。

この機械のおかげで当初のうづくりとは比較にならないほどの手触り、滑らかさを実現することができました。さらに、加工スピードもアップし、

様々な厚みの板にも対応できるようになりました。

床板だけでなく、壁用の羽目板にも加工できます。

ここまで20年以上の時間と苦労がありました。

 

是非サンプルを見て五感でうづくりの良さを実感してください。

 

 

無料サンプルはこちらです。

タグ: , , , , , ,

カテゴリー: うづくり仕上げ,ブログ,施工事例(床材),最新情報,木について知ろう,杉フローリング

ニューうづくり仕上げ(最新うづくり)

ブログをご覧頂き有難うございます。

うづくりマシーンの話です。(笑)

先日から何回も書いていますが、6月に導入しました、うづくりマシーンに新しいブラシを装着しました。

これがそのブラシです。

装着前は4連(4つのブラシ)でした、今回はもう1個ブラシを追加して、5連ブラシで磨き上げました。

そうする事により、下のようなうづくりが出来ました。

年輪がよりはっきりでて、更に艶が出、最高に綺麗になります。

なんと言っても、肌触りが最高!、夏は裸足で触ってもベタベタしませんし、冬はほんのり暖かい。

人に優しい、究極の床板と言っても過言でもありません。

杉床板のキャラクターを120%活かした、究極のうづくり床板が出来ました。

弊社が数年掛けて、やっとこの商品に行き着きました。

私の理想の杉うづくり床板です。

更にこれから床暖うづくりを作りたいと思っています。

何時のことになるやら分かりませんが、、挑戦し続ける予定です。

そして、これからこのニューうづくり床板を世に出して行きたいと思っています。

タグ: , , , , , , ,

カテゴリー: うづくり仕上げ,ブログ,最新情報,木について知ろう,未分類,杉フローリング

杉の羽目板・床板11ミリ厚みうづくり仕上げ

 

ブログを読んで頂き有難うございます。

 

ニューうづくりマシーンを導入して、

 

最近は羽目板・床板兼用の11ミリの160・130ミリ幅の注文も頂いております。

 

 

この商品は一般的には、壁・天井に使いますが、

 

床にも使えます。

 

全ての商品にうづくり仕上げを掛けられます。

 

 

特に天井を幅広の160ミリあたりの無節羽目板で貼ると品が良いと思います。

 

是非ご検討ください。

 

 

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー: DIY 日曜大工,DIY床,うづくり仕上げ,ブログ,最新情報,杉フローリング

九州北部豪雨支援

ブログを読んで頂き有難うございます。

 

九州北部豪雨から1ヵ月以上が過ぎました。

 

弊社の工場自宅、家族ともに無事でしたが、

 

大鶴地区にある、嫁の実家は悲惨でした。

 

ボランティアの人達の手を借りてドロの排出作業に追われていました。

手前は水田だったのですが、流木の向こうの白い壁が嫁の実家です。

 

 


水田の稲は流され、流木と泥だけで覆いつくされています。
悲惨でした。

 

ようやく復旧し、先日、床板を貼りました。

 

もちろん弊社のうづくり仕上げの床を提供しました。

 

親父【義父】は大変喜んでくれました。

 

 

夏場は裸足で歩くと本当に気持ちがよいです。

 

ニューうづくりマシーンで磨いた、うづくりです。

 

杉のうづくりは嫌って言う人も結構多いんです。

 

実際に触ってみたら本当に気持ちが良いです。

 

是非、杉のうづくりを床に貼ってみてください。

 

無料サンプルはこちら

 

九州北部豪雨で被災した家に少しでも弊社の材料を提供したいのです。

 

 

 

 

 

タグ: , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー: DIY床,うづくり仕上げ,ブログ,施工事例(床材),最新情報,未分類,杉フローリング

杉フローリングうづくり仕上げ

ブログを読んで頂き有難うございます。

うづくりマシーンを導入して1ヵ月経ちます。

サンプルを数社のお客様にお送りして早速ご注文をいただきました。

仕上がりはやはりかなりクオリティーが高くなりました

また、8月には月刊梅江製材所で詳しくお伝えしますが、、

まず、写真を見てください。

下がマシーン稼働中の写真です。

マシーン導入前と比べると艶が出て、最大の決め手は肌触りです。

触ってみたらメッチャ気持ちいい。。

これぞ杉の特性、非常に柔らかく温かみがあります。

これからリフォームを考えている方は是非、うづくりの床をお勧めいたします。

タグ: , , , , , , , , , ,

カテゴリー: DIY床,うづくり仕上げ,ブログ,最新情報,木について知ろう,未分類

杉フローリングのうづくりの加工作業をしています

こんにちは。

 

ブログを読んでくださってありがとうございます。

 

今日は杉フローリングのうづくり加工の作業をしています。

 

うづくり仕上げとは、木材の表面を何度もこすり

 

木目に凹凸を付け年輪を浮かび上がらせる仕上げ方法です。

 

詳しくはこちらをご覧ください

 

知られざるうづくり仕上げの魅力

 

 

作業風景です

 

一枚一枚うづくりマシーンかけて

表面を加工します。

 

 

 

 

実はこのうづくりマシーンともあと1ヶ月でお別れです。

 

来月、新しいうづくりマシーンが届きます。

 

さらにクオリティーの高いうづくり加工の材料を製作できる予定です。

 

お楽しみに!

 

 

タグ: , , , , , , , , , , ,

カテゴリー: うづくり仕上げ,最新情報,杉フローリング

羽目板屋.comショッピングサイトへ