羽目板屋どっとこむ TEL:0120-23-3672

梅江製材所 ウメさんのブログ



杉フローリングの記事

お気に入りの丸太を手に入れました!

この丸太は日田市の大鶴の奥鰐という地区の山で育った木です。

年輪の間隔がほぼ一緒で非常に通直・完満・真円(幹が真っ直ぐで、よく太り、年輪が真ん丸なこと)

しかも無節が多く、節があっても小さい節ばかり、死節がすくない。

滅多にこんな木には巡り合えません。

山主は去年の北部九州豪雨で犠牲になった方でした、、

とても山好きで、素材を営んでいる方でした。

山自体の手入れがよくしかも、枝打ち済みの丸太でした。

犠牲になった山主のためにも

この木を立派な床板にして世に出すのが我々の使命だと考えます。

この丸太から取れた板です。

これからこの板を、じっくり乾燥します。

出来上がった板はうづくり仕上げを施す予定です。

タグ: , , ,

カテゴリー: うづくり仕上げ,ブログ,最新情報,木について知ろう,未分類,杉フローリング

杉うづくり床板の納品

ブログを読んで頂き有難うございます。

 

大雨から一転して今度は猛暑です。

 

梅雨が明けて連日猛暑続きで日田市の今日(7/14)の最高気温は38℃、、

 

熱中症には注意が必要な時期です、、

 

さて、、

 

今日は田川市の建築・新築注文住宅・リフォームメーカーの快建築舎のK邸様現場に

 

杉のうづくりフローリングの納品に行って来ました、

 

 

 

朝早く日田を出て、AM7:40分ごろに事務所に到着。

 

まだ、誰も出勤しておらず、ご挨拶も出来ず、少し残念でしたが、、

 

 

このまま現場に向かうことにしました。

 

 

 

 

 

 

平屋の30数坪の新築物件です。

 

 

完成が楽しみです。
 

 

ちなみに、納品した材料ですが杉の節ありうづくり仕上げ床板と、杉節あり床板フラット仕上げの2種類のフローリングです。
 

 
完成見学会を開催するとしたら、また、参加したいと思います。

タグ: , , , , , , ,

カテゴリー: うづくり仕上げ,施工事例,施工事例(床材),最新情報,木について知ろう,杉フローリング

リバティーホームの完成見学会〜〜

こんにちは。

 

ブログを読んでくださってありがとうございます。

 

先日福岡県久留米市の住宅メーカー・リバティーホームさんの

 

完成見学会にお邪魔してきました。

 

M様邸

 

マルウメのヒノキフローリング材と

 

杉フローリング・うづくり(小節)を施工していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1階はヒノキのフローリングで、2階の2部屋が杉のうづくり仕上小節フローリング

 

 

 

 

 

新築はやっぱり最高!!癒されます、

桧と、杉の香はなんとも言えませんね、、

流石プロ。

タグ: , , , , ,

カテゴリー: うづくり仕上げ,ブログ,施工事例,施工事例(床材),最新情報,未分類,杉フローリング,桧フローリング

カーペットの上に床板を施工したい【お客さまからのお問い合わせ6】

こんにちは。

ブログを読んでくださってありがとうございます。

お客さまからこんなお問い合わせがありました。

「中古のマンションに床板を貼りたいのですが、既存のカーペットを剥がさずに
カーペットの上から施工したいです。カーペットの上に「テプレックス」というシートを敷いてその上から床板を貼ったら良いと聞いたんですが、
マルウメさんのフローリング材にテプレックスは使えますか?」

「テプレックス??」

初めて聞いたので、早速検索してみました。

テプレックスとは「不陸調整・防音防湿シート」。

凹凸などがあり平らでない床下地を平らに調整するシートのようです。

見た目は梱包材のプチプチみたいな感じで柔らかそう。

こんなシートがあるんですね。便利そう…

でも、よくわからなかったので、知り合いの工務店の方に問い合わせみたら….

わかりました。

 

釘や接着剤を使わず置き敷きができるフローリング材を、カーペットや畳の上に敷くときに

間に敷くシートらしいです。

マルウメのフローリングは接着剤と釘で施工するので、

このテプレックスは使えないそうです。残念…

というわけで、

カーペットや畳の部屋にフローリングを施工したい場合、

上から施工するとふわふわするので、

面倒ですが、剥がしてから施工して下さい。

タグ: , , , , , ,

カテゴリー: DIY 日曜大工,DIY床,ブログ,最新情報,杉フローリング

フローリング施工時の板同士のスキマについて【お客さまからのお問い合わせ4】

こんにちは。
ブログを読んでくださってありがとうございます。

フローリング施工についてのお問い合わせで多いのが

 

「施工する時に板と板の間を名刺1枚分空けたほうが良いと

ネットで見たんですけど、本当ですか?」

 

というお問い合わせです。

 

この事に対しては毎回

「マルウメのフローリングは隙間を空けずぴったりと付けて施工して下さい。」

とお答えしています。

 

 

 

無垢のフローリング材は生きているため、温度や湿度で伸縮を繰り返しています。

そのため名刺1枚程度の隙間を空けて施工したほうが良いという情報あるのです。

 

この情報も間違いではないと思うのですが、

マルウメの羽目板に関しては該当しません。

 

なぜなら、マルウメの羽目板は表面をぴったりと付けても、

裏面は少し隙間が出来るように作っているのです。

 

この裏面の隙間で、伸縮をカバーしています。

と、いうわけで

マルウメの羽目板、フローリング材はぴったりと付けて施工して下さいね。

タグ: , , , ,

カテゴリー: DIY 日曜大工,DIYその他,DIY床,ブログ,最新情報,木について知ろう,杉フローリング

【施工例89】床板の施工|杉のフローリング

こんにちは。

ブログを読んでくださってありがとうございます。

北海道・ニセコのお客さまから近況報告が届きました。

おはようございます。
昨日、無事届きました。
開封して、商品の良さに感激いたしました。
良い商品をありがとうございました。
早速、娘夫婦から手伝ってもらい客間?に貼って見ました。
素人にしては上手くいったかと自画自賛❗
これからチマチマ作業していきます。
今朝のニセコは只今、零度❗
今日は17度までは気温が上がりそうです。
山菜取りにも行きたいのですが、頑張って作業いたします。
梅江様はじめ、皆様のご健康をお祈り申し上げます。
これからもよろしくお願いいたします。

ありがとうございます!

もう5月に入り昼間は半袖で過ごすこともある九州ですが

ニセコは零度!!だそうです。さすがは北海道ですね〜。

でもこれから気候が良くなって作業も捗りそうですね。

完成が楽しみです♪

前回届いた施工写真はこちら

タグ: , , , , , ,

カテゴリー: DIY 日曜大工,DIY床,ブログ,施工事例(床材),最新情報,杉フローリング

床暖房には対応していません【お客さまからのお問い合わせ②】

こんにちは。ブログを読んでくださってありがとうございます。

先程、「床暖房対応のフローリング材はありますか?」

というお問い合わせをいただきました。

大変申し訳ございませんが、マルウメのフローリング材は

床暖房対応ではありません。

特に杉材は収縮率が大きいため、床暖房の熱で収縮し

反って隙間が空いてくる等の問題が発生するためです。

乾燥機で含水率をかなり下げれば出来るのかもしれませんが、

水分が奪われてしまった杉は本来の艶もなくなり、

無垢の木の良さがなくなってしまうのです。

そもそも、無垢材の床は天然木ならではの自然な温もりがあります。

寒冷地であれば床暖房が必要かもしれませんが、

無垢材本来の自然なあたたかさを楽しんでいただければと思っています。

タグ: , , , , , , , , ,

カテゴリー: ブログ,最新情報,木について知ろう,杉フローリング

純白平板

ブログを読んで頂き有難うございます。

先日、お役様の注文でドアの材料に使うとの事で、

純白のうづくりで平板のご注文をいただきました。

純白うづくり床板

平板でうづくり、純白と言うのは始めてのと特注商品でした。

純白うづくり床板杉

出来上がった板は光沢が良く出てとても綺麗でしたのでお客様もお喜びと推察しています。笑

純白うづくり床板杉

今後、このような平板の特注商品もご注文承ります。

ご希望の方はこちらかお問い合わせください。

タグ: , , , , , , ,

カテゴリー: DIYその他,DIY床,うづくり仕上げ,ブログ,最新情報,未分類,杉フローリング,純白羽目板

山下武秀氏トークイベントに参加しました

ブログを読んでくださいまして有難うございます。

 

先週、
チルチンびとの生みの親、山下武秀編集長のトークイベントを聞きに行きました。

 

 

場所は久留米市の(株)未来工房やかまし村ギャラリー

 

編集長のお話は日本の風土に適した人の住む家についてのトークetc、、

 

とても為になる勉強をさせて頂きました。

 

チルチンびとの意味も教えて頂きました。

 

これから家を新築したい人リフォーム等を考えてる人の参考になると思います。

 

そして、初めて行って見てやかまし村ギャラリーに感動しました。

 

イベント、ギャラリーの為に作られたと聞きましたが、

 

オール無垢の家です。

 

桧の天井、杉の桁・梁、杉の床。薪ストーブ

 

全てがかっこ好かった~畳がやっぱり落ち着きます。

 

 

 

 

すべてに有意義な1日をすごさせて頂きました。

(株)未来工房さん有難うございました。

タグ: , , , , , , , , , ,

カテゴリー: ブログ,施工事例,施工事例(その他),最新情報,未分類,杉フローリング,桧羽目板

マルウメのうづくり仕上げの歴史

ブログを読んで頂き有難うございます。

今日は弊社のうづくり仕上げの歴史について書きたいと思います。

 

うづくりとは、現在弊社が一番おすすめしている杉板表面の加工方法で、

杉の木の柔らかい部分を削り取り、硬い部分のみを残し凹凸を強調する技法です。

機械がない時代は苅萱の根を束ねたものをブラシにして木肌を削っていたようです。

こうすることで、柔らかく傷がつきやすいといわれる杉材もキズに強くなり、床材としても耐久性に優れた材料となるのです。
杉うづくりのフローリング施工例[/caption]

 

 

最初は建築材料で鴨居と言う部材を材木店、材木市場の卸商品として作りはじめました、

鴨居と言う名称の材料はこれです。

もともとうづくりをかける必要は無い材料なのですが、鴨居として木材市場に出品するのには見栄えを良くする必要がありました、

結局は無駄な事をしていたのですが

商品として綺麗に磨いて見栄えがよければ高く売れます。

見栄えが悪いと材木屋の目に止まらず安く叩かれるのです。

そこで、

中古の機械を導入することにしました。ギターを作っていた工場から安く売ってもらえたのです。

ギターを製造する時にギターのネック部分を磨く機械です。

全然、用途の違う機械でしたが、何とか改造に改造を重ねて平角材を磨けるように作り変えました。

その機械がこれです。

この機械を10年あまり使いましたが、不況の末、鴨居も売れなくなり…

次に天井板を作ることにしました。

 

 

その天井板をうづくり仕上げする機械をまた中古で購入しました。

今度は家具製作工場から安く譲って頂きました。その機械がこれです。

 

だいぶきれいなうづくりが出来るようになりました。

 

この機械は2017年の5月まで使いました。

 

そして昨年2017年6月にニューうづくりマシーンを導入しました。

この機械のおかげで当初のうづくりとは比較にならないほどの手触り、滑らかさを実現することができました。さらに、加工スピードもアップし、

様々な厚みの板にも対応できるようになりました。

床板だけでなく、壁用の羽目板にも加工できます。

ここまで20年以上の時間と苦労がありました。

 

是非サンプルを見て五感でうづくりの良さを実感してください。

 

 

無料サンプルはこちらです。

タグ: , , , , , ,

カテゴリー: うづくり仕上げ,ブログ,施工事例(床材),最新情報,木について知ろう,杉フローリング

羽目板屋.comショッピングサイトへ