羽目板屋どっとこむ TEL:0120-23-3672

梅江製材所 ウメさんのブログ



桧羽目板の記事

お客様からのお問い合わせ18〜ヒノキ材の赤身について〜

こんにちは、今晩は!

いつもブログを読んで頂き有難うございます。

先日、桧(ヒノキ)の羽目板をご注文くださったお客様からお問合せをいただきました。

ヒノキの色合いに関することなのですが

届いたヒノキは赤身が多かったとのご指摘をいただきました。

これは好みの問題で個人差があるとは思うのですが

今回のご指摘で、やはりヒノキの材料は白っぽい色合いで統一されている方が綺麗だ

と好まれる方が多いのかなと感じました。

確かに白っぽいヒノキの中に赤みがかった色合いが混入すると、

ミニマムなデザインのインテリアを好む方にとってはデザインの妨げと感じるのかもしれませんね。

ヒノキ 一番左の板は赤と白がはっきりと分かれています

右端の板は赤と白が混在しているタイプ。濃淡のコントラストがあまりない

ヒノキの赤身も杉の赤身も様々な色合いがあります。

杉の赤身の素晴らしさについては以前もお伝えしましたが
>>過去の特集ページより「百年持つ、杉の赤身の魅力」

桧の赤身も杉同様に耐久性に優れたすばらしい材料です。

もし、デザイン的に赤い部分がどうしても気になる…と思われる方には

ヒノキではなく、杉の純白の方をおすすめします。
>>過去の特集ページより「知られざる、杉の白身の魅力」

杉純白の羽目板

杉の純白羽目板(天井)

 

杉純白のフローリング

杉の純白フローリング

杉の純白の光沢、色、艶は本当に、とても美しいです。

人それぞれ、価値観は違うとは思いますが

チョットだけ桧、杉の良さについて考えてみてください。

赤身は欠点ではなく、むしろ素晴らしい材料なのです。

 

桧の赤身はどちらかと言うとピンク系で、中にはオレンジっぽい物もありますが
原木の丸太で見るとこんな感じ

 

桧の赤身

 

ちなみに下の写真は杉です。

杉赤身

 

比べてみるとはっきりわかりますが、ヒノキの場合は淡いピンクなのであまり色の違いが分かりません。

 

杉、ヒノキどちらも、それぞれの魅力があってとても綺麗なものです。

木は年数を重ねると、赤身の部分は辺材(白)から心材に変わっていきます、

白から、赤身の変わるのは、老朽菌や虫害に耐える為に、木が自分の身を守る為、頑張った結果、赤身となります。

なので、大変耐久性があり、水にも強い材料となるのです。

何度も繰り返しますが、赤身は欠点ではなく木のすばらしい長所なのです。

 

 

それから、もう一つ付け加えると
板を貼った直後は、白い部分赤い部分のコントラストが少しきつく感じるかもしれません。

が、天然の木は月日を追うごとに色合いが変化して行き、赤と白の濃淡は

だんだんと薄くなります。
弊社ショールームに貼っている杉の羽目板も完成当初は赤と白のコントラストがはっきりしていましたが

現在ではどこが赤でどこが白なのかほとんどわからないくらいです。

以上、材料選びで悩まれている方の参考になればと思います。

〜追記(2022年1月21日)〜
このブログをご覧になったお客様が写真を送ってくださいました。
ヒノキの床材を施工した直後と2年以上経った画像です。

ヒノキのフローリング

施工した直後。(2019年7月)赤身と白味の差がわかります

 

ヒノキのフローリング施工画像

現在(2022年1月)赤と白の差はほとんどわかりません。

とてもわかりやすいですね。
木材の経年変化で赤身と白身の色合いが揃って
色の差はほとんど感じられません。
わざわざ送ってくださって本当にありがとうございました。

また、別の方からFacebookのコメント欄にすばらしい
メッセージが届きました。

『無垢材の美しさは出来たてがピークじゃなくて、5年10年と時間をかけて作られるんです』

本当にその通りだと思います!

今後木材の素晴らしさを伝える時には、この素晴らしい言葉をお借りしたいです。
ありがとうございました。

 

タグ: , , , , , ,

カテゴリー: お客さまからのお問い合わせ,最新情報,木について知ろう,桧羽目板

【施工例189】浴室の壁板リフォーム〜ヒノキの羽目板〜

岡山県のお客様から施工写真が届きましたのでご紹介します。

ヒノキの羽目板で浴室の壁をリフォームされました。

以下、お客様からのメッセージです。

お世話になります。先日は檜の羽目板を送って頂き有難うございました。
早速施工させて頂きました。風呂場はユニットバスなのですが、壁面が劣化してきたので再塗装を考えていたの
ですが、
羽目板どっとこむに檜の羽目板が出ていたのでDIYでトライすることにしました。正
目の節無しなので
とても美しく仕上がったと思います。併せて風呂場の断熱性能も上がり、檜の良い香
りに包まれて、
入浴タイムが楽しくなりました。良い材料を提供して頂き有難うございました。
(写真を添付しておきます。)

ユニットバスの壁に施工されたのですね!
縁の処理や、細かい部分もきれいに施工されていて素晴らしいですね。
換気扇?のカバーもヒノキを貼ってるのでしょうか?
それから手すりもご自分で作られたのでしょうか?
すごいです(・o・)
ヒノキの香りいっぱいのバスタイム…うらやましいです!

 

素敵な施工写真をありがとうございました。

 

今回施工していただいた材料はこちら
ヒノキ羽目板(無節)10×87×1985mm 本実目透かし加工 超仕上げ 無塗装


LINE@からご自慢の施工写真を送ってください
トークで簡単に送れます。

友だち登録もおねがいします(•ө•)♡

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

タグ: , , , , ,

カテゴリー: DIY 日曜大工,DIY壁,施工事例(壁・天井材),最新情報,桧羽目板,超仕上げ

古民家のリフォーム〜ヒノキの羽目板〜

小豆島の古民家を民泊の施設としてリフォームされた

お客様から施工写真が届きました。

コロナ禍の閑散期に施工されたそうです。

ヒノキの羽目板を施工されました。

 



小豆島の海沿いの民泊です。
小豆島行ったことないですが、いつか行ってみたいです

ヒノキ羽目板 10×87×1985mm


LINE@からご自慢の施工写真を送ってください
トークで簡単に送れます。

友だち登録もおねがいします(•ө•)♡

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

タグ: , , ,

カテゴリー: DIY壁,施工事例(壁・天井材),最新情報,桧羽目板,民泊

【施工例166】天井板のリフォーム〜ヒノキ羽目板〜

兵庫県のお客さまから天井のリフォーム写真が届きました。

 

リビングと廊下の天井にヒノキの羽目板を施工されました。

87ミリという細い羽目板を天井に貼るのは、枚数も多くて大変だったと思います。
とてもきれいですね。素晴らしいです。

施工していただいた材料はこちら

ヒノキ羽目板 10×87×1985mm 本実目透かし加工


LINE@からご自慢の施工写真を送ってください
トークで簡単に送れます。

友だち登録もおねがいします(•ө•)♡

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

お電話でのお問い合わせ:フリーダイヤル0120-23-3672
メールでのお問い合わせ:yacog1@ever.ocn.ne.jp
FAX:0973-23-3844(FAX注文用紙)

タグ: , , ,

カテゴリー: DIYその他,DIY壁,施工事例(壁・天井材),最新情報,桧羽目板

【施工例156】いけばな小原流の作品展〜ひのきのカンナ屑アート〜

先日ヒノキのカンナ屑をご注文いただいたお客さまから
お手紙が届きました。

カンナ屑で作られたアート作品の写真が同封されていましたのでご紹介します。

なんだかすごいインパクトのある作品!

一瞬、人に巻きつけているのかとドキッとしましたが

今にも動き出しそうで存在感ありますね\(◎o◎)/

作者のS様は、いけばなの小原流の作家さんで、

先日開催されたアート展「マイイケバナ2020」に出品されたとのことです。

気になって検索してみましたら…

アート展の講評の動画を見つけました。なんと1番目に紹介されています。

素材のアイデアが面白いと講評されてますね!素晴らしいです✨

こんな作品に使っていただけるなんてとても嬉しく、光栄なことです。

S様ありがとうございました!


LINE@からご自慢の施工写真を送ってください
トークで簡単に送れます。

友だち登録もおねがいします(•ө•)♡

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

タグ: , , ,

カテゴリー: 施工事例(その他),最新情報,未分類,桧フローリング,桧羽目板

【施工例153】トイレの腰壁リフォーム〜ヒノキ羽目板〜

先日、工場に材料を買いに来てくださった福岡のお客様から

施工写真が届きましたのでご紹介します。

お客様からのメッセージ

施工のポイントやこだわりをお教えください。: トイレの腰壁を作りました。
斜めに張った壁は材料が少し足りなかった時の工夫です。
また、8月に既存の天井を取り除き、間接照明を取り入れました。

これは…ご自宅のトイレでしょうか??

ヘリンボーン貼りの羽目板や間接照明の取り入れ方など上級テクニックがいっぱいで

旅館か店舗のトイレかと思うほど素敵なトイレですね。
居心地良すぎて長居してしまいそうです。
素晴らしい写真をありがとうございました!
 

今回使用された材料はこちら
<腰壁>

【訳あり】桧 (ヒノキ)羽目板 (壁・天井材) 無節・上小 10× 87×1985 17枚入り 1束 アウトレット商品●本実目透かし加工

<天井>
【訳あり】 杉 羽目板 (壁・天井材) 純白・無節・上小(10×115×1985mm) 13枚入り 1束 ●本実目透し加工|

 


LINE@からご自慢の施工写真を送ってください
トークで簡単に送れます。

友だち登録もおねがいします(•ө•)♡

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

タグ: ,

カテゴリー: DIY腰板,施工事例(腰板),最新情報,桧羽目板

オーストラリアへ旅立ちます〜ヒノキの羽目板〜

こんにちは。ブログを読んでくださってありがとうございます。

 

3330枚ものヒノキの羽目板たちがオーストラリアへ旅立ちます。

こんなに大量の海外への輸出は初めてのことで、

記念すべきお取引となりました。

 

本日出発してひとまず神戸港へ向かいます。

 

施工会社はNAGOMIJAPAN

 

主にオーストラリアの置き和室販売を行っている会社で、和が伝わるような日本風のデザインテイストが売りです。

 

弊社の桧を凄く気に入って頂き、

 

オーストラリア、メルボルンの新築のホテルに弊社の桧羽目板が使われます。

 

今からめちゃくちゃ楽しみです。

 

桧の羽目板

 

桧羽目板

 

いってらっしゃい〜

タグ: , , , ,

カテゴリー: ブログ,最新情報,未分類,桧羽目板

【施工例141】プロミュージシャンの音楽室〜桧の床と壁〜

 

こんにちは、こんばんは、いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

 

GWも終わりました、コロナの影響が続きますが、ステイホーム中にDIYを楽しむ方増えています。

 

そんな事で、今回も施工事例をご紹介します。

 

先日LINEアカウントにお問い合わせ頂いたプロ音楽家

 

現在、インスト、ハードロックバンドでご活躍中のD_DriveベーシストのToshiさんが

 

ご自分でDIYなさいましたのでご紹介させていただきます。

 

ヒノキの床と壁を施工されました。

テーブルの下の床は桧フローリングです。

桧フローリング

 

 

桧羽目板

 

桧羽目板無節

 

上の写真の壁は桧無節羽目板73幅を施工なさいました。

 

とても綺麗に仕上がっていてお部屋も清潔に整理整頓されていて絵になります。

 

ToshiさんのTwitterです。

 

ちなみに私も昔バンドでベースを担当していました。

 

現在も音楽が好きでたまに、アコースティックギター等を弾きます。

 

奇遇で本当にビックリし嬉しかったです。

 

Toshiさんありがとうございます。

 


LINE@からご自慢の施工写真を送ってください
トークで簡単に送れます。

友だち登録もおねがいします(•ө•)♡

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

タグ: , , ,

カテゴリー: DIY壁,DIY床,ブログ,施工事例(壁・天井材),施工事例(床材),最新情報,未分類,桧フローリング,桧羽目板

お客様ご来店

昨日、店頭受取のお客様がご来店されました。 同じ大分県内の別府市からです。    

ヒノキ羽目板を車に積んで帰られました。

お土産に地獄まんじゅうまでいただき感激です

 

ありがとうございました♪美味しかったです(๑´ڡ`๑)

 

 

 

マルウメでは工場見学、材料見学、ショールーム見学随時受け付けております。

さらに、そのままお持ち帰りいただくと10%OFF!
先日エアペイを導入しまして、クレジットカード決済もできます。

見学のお申込みはこちらから


LINE@からのお申し込みもOK。

トークで簡単に送れます。

友だち登録もおねがいします(•ө•)♡  

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

タグ: ,

カテゴリー: 引き取りのお客様,未分類,桧羽目板

【施工例132】渡り廊下の雨よけ〜ヒノキの羽目板〜

こんにちは!

ブログを読んでくださってありがとうございます。

 

福島県の神社、開成山大神宮様から施工写真が届きましたのでご紹介します。

 

<開成山大神宮様からのコメント>
雨が降ると屋根下の跳ね返りで、渡り廊下が濡れてしまうため雨よけをつくりました。高さ910mm。使用した材は桧の羽目板です。
サンプルを取り寄せ、材の裏表を確認!そのまま使えるかと思いましたが、いざ、届いてみると表は非常にキレイに仕上げっていますが、裏面にはプレーナーの送り跡がしっかりついてまいた。
両面が見えるため、木裏全て1mmのカンナをかけました。
そりゃ両面使うとは想定していないでしょうから仕方ありません。
3点独立基礎、板金で根巻きもしました。全て桧造り、なるべくスリムに廊下のスペースが犠牲にならないようにしました。皮膜を作らないタイプの防腐剤・日焼け止めを塗布してあります。

 

ありがとうございます!
ヒノキの雨よけ、きれいですね。防腐剤も塗られているとのことで雨に濡れても安心です。
冬の寒い日は風よけにもなりそうでとても素敵な雨よけですね。

そして羽目板の裏面についてですが…そうなんです、羽目板の裏側は見えない前提で作っておりますので
裏面は加工の機械跡などが残っている場合があります。申し訳ございません。
コスト削減のためご了承ください。

でも表面は超仕上げでツルツルですよ。


LINE@から自慢の施工写真を募集しております。

トークで簡単に送れます。

友だち登録もおねがいします(•ө•)♡

 

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

タグ: , , ,

カテゴリー: DIY 日曜大工,DIY壁,DIY腰板,ブログ,施工事例(その他),最新情報,桧羽目板

羽目板屋.comショッピングサイトへ