羽目板屋どっとこむ TEL:0120-23-3672

梅江製材所 ウメさんのブログ



桧(ヒノキ)のうづくりフローリング

こんにちは!

ブログを読んでくださってありがとうございます。

今日は桧のうづくりについてです、、

杉では無くて、ヒノキです。

桧のうづくりは出来ないものと思っていました。

ヒノキは元々杉より固く何輪と年輪の間の夏目も硬さが、

ほぼ同じな為、うづくり仕上げは出来ないものと思い込んでいました。

ネットで検索してもあまり無いみたいで、、

お客様の希望で作ってみました。

やってみたら、出来ました。。

こんな感じになります。

ヒノキうづくり仕上げ

思ったより綺麗に仕上がったので私もビックリです。

ただ、写真の上から3枚目の綺麗にうづくりが出来ていますが、

これはうづくりマシーンに2回投入しました。少々手間が掛かりますが出来ました。。

考えたら、家具の天板とか、タンスの引き戸にもうづくりが張られてますので

出来ない筈は無かったんですよね、、(家具材は桧より硬い広葉樹)

桧うづくり仕上げ

ただし、、桧の冬目は目合いによって風合いが変わります。

1本1本うづくりの目の出かたが変わりますのでなかなか難しいです。

これをお客様に提供するにはかなりのコスト掛かると思います。

ちなみにこのうづくりマシーンで2回削れば

うづくりマシーン

この写真のようなのうづくり仕上げになります。

うづくり仕上げヒノキ床板

ちなみに、この商品は桧フローリング無節 15*105*1900エンドマッチです。

タグ: , , , , ,

カテゴリー: うづくり仕上げ,ブログ,最新情報,未分類,桧フローリング

燻煙乾燥木材について

皆さんは燻煙乾燥って知っていますか?

多分一般の方はわからないと思います。

私もあまり知識はありません。ただ、燻煙乾燥の勉強会には出席したことがありますし、実際に燻煙乾燥もやった事があります。

まだ、未だにこの事は完全に解明されていない部分があるようです。

現在、弊社は燻煙乾燥は行っていません、人工乾燥と、昔からの天然乾燥(天日乾燥)のみです。

984276_824328330967327_1908267480046060813_n

ある方の論評より、こう言う記事が書かれていました、

<以下教えてGOOより記述>

燻煙乾燥は熱媒体として蒸気を使うのではなく煤、つまり炭素を熱媒体とする方法です。

炭素は水よりも熱伝導率が高いので熱を効率よく伝えることができますし、すすの成分が木に染み込みますので防虫防黴の効果があると言われています。
(燻煙乾燥をされているメーカーのデーターではJISで規程されている腐朽テストをしたものがなく、他の処理の材との腐朽度合いが比較できませんので、断定はし難いところです)

蒸気乾燥は燻煙乾燥より木材の強度が弱いとのことですが、このような話は聞いたことがありません。しかし考えられるとすると。

木材は通常伐採されてから100~200年かけて強度がアップしていきます。燻煙乾燥はこの進行過程を早くしているところがありますので、その意味では強度もアップするかもしれません。

但し、我々の感覚では燻煙乾燥されたものは内部応力が取れ、非常に安定した木材になっていますが、強度的には通常の乾燥材よりも弱くなっている気がします。

<上記 教えてgoo kinoki1様より記述>

このような記事も書かれていましたので紹介しました

11043118_824328377633989_4301496969240568820_n

昔の大工は釘1本使わないダボと込み栓(コミセン)だけで臍穴を埋め、強度を増していました。

東寺の五重塔は釘を一本も使わない建築物として知られています。

その他、法隆寺などは和釘を使っていました、

これは木材が乾燥すると、強度を増し柱、土台などを収縮させ臍穴を強くし安定させたということです。

込み栓(コミセン)は、木材を接着能力は、現在の釘なんかは全く問題にならないほどの強度が得られます。

(込み栓とは。。。柱や桁、土台などに長いホゾを差込み側面(臍に対し対角腺に)から穴を空け、堅木(15mm程度の角材を打ち込む場合が多いが、「樽栓」・・・丸型材を打ち込む場合もある)の込み栓を、臍に打ち込み、密着度を増したり、抜け防止の為の施工・・・単に込み栓を打つのではなく、材を引き締める為の施工技術が必要)

話を戻します、

燻煙乾燥については色々な、論説があります。

次回はこのテーマをもっと掘り下げてブログを書きます。

マルウメ梅江製材所

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー: ブログ,最新情報,木について知ろう,未分類

天然乾燥について

今日は弊社、梅江製材所の8つのこだわりの一つ天然乾燥について書きたいと思います。

天然乾燥の良さとして第一に挙げたいのが、吸放湿作用です。

FBページにも以前書きました内容です、

詳細

ところで、弊社は天然乾燥を基本としていますが、床材については人工乾燥を導入しています。

ブログ1n

なぜなら 高気密・高断熱が主流の現代の住まいで、エアコンの過度な冷暖房が

杉、ヒノキなどの建材には悪影響を及ぼすからです。

このような環境では無垢の木材にとって良いわけがありません。

特に夏の冷房は湿度が低すぎます。

杉の樹齢は約40年~70年。床材に加工されて今まで経験したことの無い湿度にさらされるわけですから、

無垢の杉床板はパニックを起こし反り、割れの原因になります。

そんなトラブルを防ぐために、木材の含水率を天然乾燥では抜けきれない所まで落とします。

この作業は乾燥機を使わないと無理なのです。

弊社ではこのような事を踏まえて天然乾燥をした材料(床材)をさらに人口乾燥で含水率を10%台まで落としています。

IMG_1760

この乾燥装置は木屑を燃料とした、木屑ボイラーを用い乾燥させます。

いわゆるエコな乾燥機です。

お客様に究極の高品質の商品をお届けするために日々頑張っています。

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー: ブログ,最新情報,木について知ろう,未分類

山のメンテナンス

弊社所有の山林があります。

2年ほど前に植えた杉苗は鹿に新芽を食い千切られ、とうとう枯れてしまいました。

それで今年の2月に再度杉苗を植え直しをしました。

それが下の写真

IMG_2024

山はメンテナンスが、大変なんです。

これから夏になると雑草が、容赦なく生い茂ります。

植えたばかりの杉の赤ちゃんはやっと根が張りまだ、力がありませんので、雑草の陰になって枯れてしまいます。

そこで下刈りを5月と7月ごろに2回行います。

暑くて大変な作業ですが、これをやらないと杉苗は成長どころか、枯れてしまうのです。

IMG_2026

杉苗が雑草より小さく背が低いので、注意しながらの下刈りになります。

IMG_2027

IMG_2022

毎年5年ほど下刈りをすると下刈り作業は終了です。

雑草より大きくなり自分の力で、育ってくれます。

それまで、山のメンテナンスが続きます。

自分の息子、その孫の世代、、またその次の世代のために

大変だけど私達が、頑張らなきゃ、、と思います。

マルウメ

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー: DIYその他,ブログ,最新情報,木について知ろう,未分類

GWはつつじ祭りに行ってきました。

GWですので、私も5/4に家族を連れて久留米市の百年公園で毎年行われている、つつじ祭りに行ってきました。

我が家の庭のつつじに白色のつつじが欲しかったもので、買って来ました。
IMG_0788

帰りに久留米市内なのですが、うなぎの名所富松うなぎ屋で、昼食をいただきました。
IMG_0793

IMG_0792

GW期間中に限らずいつも行列が出来るほどの込み合いぶりです。

IMG_0794

1時間待ってようやく名物、蒸籠蒸しにありつけました、

素晴らしい料理です。めっちゃ美味しかったです。
IMG_0795

1日いい休養と家族サービスが出来ました。

つつじ祭りよりうなぎブログ(日記)になりました。失礼(笑)

マルウメ

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー: ブログ,最新情報,未分類

死節の埋め木処理

弊社は半年ほど前から身体障害者の方々に埋め木処理をしてもらっています。

非常に綺麗に仕事をこなしてくださいます。

10422389_850416271691866_8095652341613777018_n

死節は弊社の従業員が機械で掘ります。

掘った板は下の写真です。

11182040_850416248358535_6133963984856600835_n

IMG_2004

掘られた穴にボンドを流し込み節駒を叩き込みます。

11167670_850416231691870_8946242714331079185_n

出来上がった板です。
IMG_2007

このように再製されます。

IMG_2010

この板をさらにモルダーと言う専用に機械で削り羽目板になります。

詳細

マルウメ

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー: DIYその他,ブログ,最新情報,木について知ろう,未分類

桧羽目板の在庫確保できました。

IMG_1967

桧の羽目板10×73×1985の商品がいつも品薄になっています。

今回、熊本、宮崎の製材メーカーからの協力で在庫が少し確保できるようになりました。

熊本のヒノキ、宮崎にかけての九州山地に育った桧はとても綺麗です。

九州山地は熊本人吉市から高千穂にぬける非常に山の険しい場所。

熊本、宮崎、大分の3県に連なっています。

詳細

四国産,吉野ひのきとも劣らない色艶ともに綺麗です。

桧にご興味のある方はぜひご参考になさってください。

今回弊社で乾燥させて、これからモルダー加工(羽目板に削る)

souko_1970

弊社の第2倉庫です。

ここは羽目板、フローリングを削る前の段階、現板、製材して乾燥済みの板のみをここに保管しています。

souko_1977

皆様のご注文こころからお待ちしています。

羽目板屋どっとこむ

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー: DIYその他,ブログ,最新情報,木について知ろう,未分類

羽目板屋.comショッピングサイトへ