羽目板屋どっとこむ TEL:0120-23-3672

梅江製材所 ウメさんのブログ



施工例54

ブログを読んでいただき有難うございます。

マルウメ梅江製材所の梅さんこと、梅江です。

先日、私の弟の自宅のリフォームしましたのでご紹介します。

今回は純白無節うづくり仕上げ使用例ですが、部屋の中心は畳を外側をうづくり床板を使用しました。

壁には珪藻土と杉の腰板。

IMG_0990

和紙を編みこんだ、畳を使用。

モダンな感じに仕上がって、、とてもいい感じです。

IMG_0991

木の香りと、畳の香り、、薪ストーブと似合います。

日本の伝統的な和って感じの仕上がりです。

使用したフローリングは杉純白無節うづくり仕上げ

畳は日田市の猪熊畳店さんから提供頂きました。

マルウメ

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー: DIY腰板,うづくり仕上げ,ブログ,施工事例(床材),最新情報,木について知ろう,未分類

暑い熱い夏です。

ブログを読んでいただき有難うございます。

マルウメ梅江製材所の梅さんこと、梅江です。

連日、熱中症のニュースが飛び込んできます。

オリンピックも夏の甲子園大会も相次いで開幕しました。

熱い、暑い、夏です。

毎年の事ながら日田市は8/5(土)38.2度を観測、日本一でした。

IMG_0973a

.

 

IMG_0974a

 

皆さんも熱中症に注意してもう少しの間(8月一杯)暑さに負けずがんばってください。

 

DIYの秋はもうすぐ、、、そこまで来てます。

 

先日、7/31に天領木完成見学会の写真です。

杉無節/小節込みうづくり仕上げの施工例、ご覧ください。

 

IMG_0939a

 

 

IMG_0942a

 

IMG_0943a

 

 

8/10マルウメ通信、メルマガ配信いたします。

 

マルウメ梅江製材所

 

 

 

 

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー: DIYその他,DIY床,うづくり仕上げ,ブログ,施工事例,施工事例(床材),最新情報

塗装材の製作

弊社は現在のところ、無垢の材料で無塗装材です。

 

しかし、今後いろんなお客様のご要望にも対応出来る様に完全受注生産ですが、塗装も承りたいと考えています。

 

下の写真は塗装を施しビンテージ風に仕上げてみた床材、杉のうづくり仕上げです。

IMG_0913a

 

IMG_0912a

 

IMG_0915a

ある、塗装屋さんとのコラボで、より良い健康に害しない、塗料で品質のよい商品を提供出来るようにと思って現在検討中です。

まだまだこれからですが、頑張ってみます。

乞うご期待!

羽目板屋どっとこむ

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー: DIY 日曜大工,DIYその他,ブログ,施工事例(その他),最新情報,木について知ろう,未分類

杉の調湿作用その1

ブログを読んでいただき有難うございます。

マルウメ梅江製材所の梅さんこと、梅江です。

梅雨真っ只中ですね、、じめじめ、嫌な季節です、

 

さて、突然ですが、今日は杉の吸湿、放湿について書きます。

 

木材の調湿作用は平衡含水率から分かります。
平衡含水率とは、木材が一旦
ある一定の乾燥状態に達するとそれ以上は乾かなくなります。
木材の乾燥が安定した状態です。
この時木材が平衡含水率に達したと言えます。

 

木材に含まれる水分の違い、

木は生きている間、大量の水が含まれており、製材、加工されてからも

湿度によって、吸湿、放湿を繰り返します。

 

こんな実験結果があります。

以下、”木材のお話” 岡野建 著から抜粋

 

試験的に2つの同じ敷地内に建てられた、

A棟はビニールクロス全面
B棟は杉と他木材で覆われた部屋です。

 

pic--06

 

参考:上の写真は、床を無垢杉フローリングうづくりで覆われた部屋です。
A棟とB棟で約6ヶ月実験した結果

上記の条件で外気が極端に温湿度の高い日、低い日、温室度の差が激しい日を5日間選んで2時間おきに部屋の測定をしてみました。

 

下の表が実験結果です。

(a)がA棟(b)B棟

白丸、白三角は前日から晴れ、黒丸と黒三角は前日から、雨。

黒丸は梅雨の最中で、B棟はA棟より約10%低かったのに対して、5月の晴れの日逆に10%ほど高かったのです。

 

 

外気相対湿度

 

真冬、晴れた日と雨の日での湿度の違いですが、

A棟=20%強

B棟=10%弱、

 

同じ敷地内で上記のような結果が出ました。

 

外気相対湿度b
A棟の湿度が40%前後に対して
B棟は半分以下の18%前後でした。
部屋の温度が25℃で湿度が60%だとします。
この時部屋の木材の平衡含水率は11.6%
温度がゆっくり低下し、20℃に達したとき部屋湿度が80%に上昇でもそんなに上昇しません。
その時平衡含水率16.8%になり、木材が吸湿を始めた言う結果がでました。
部屋の温度が上昇したときも同じです。
30℃だと、45%に下がるはずですが、木材の平衡含水率は8%
になり、放湿する分だけ温度が低くなりません

 

”木材のお話” 岡野建 著から抜粋

 

 

IMG_2554

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

特に杉の調湿作用は他の木材と比べて高いのです。

まさに天然のエアコン機能です。

 

次回、もっと勉強して、もう少し分かりやすく書きます。

 

まだまだ、杉魅力については、書きたいことが山ほどあります。

少しづつ私自身も勉強して、

次回,ブログに綴りたいと思います。

 

マルウメ

 

 

 

 

 

 

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー: DIYその他,うづくり仕上げ,ブログ,施工事例,施工事例(床材),最新情報,木について知ろう,未分類

壁画のような腰壁|お客さまの施工例49

先日、羽目板をを注文いただいた、栃木県のK様より

腰壁の施工写真が届きましたのでご紹介します。

 

<Kさまからのメッセージ>

 

このたびはメールをいただきありがとうございました。
地震の方も大丈夫だったみたいですね。
あまり被害もなくよかったのですね。
腰壁の写真も出来上がってはいたのですが、地震の件もあり少し遅れてしまいました。
とても木目が綺麗でとても満足しています。ありがとうございました。
私どもの家は築20年くらいたっている家で、子供も大きくなり家の中に犬2匹猫2匹そして私と主人と2人で暮らしています。
猫が壁で爪とぎし、犬が体を擦り付け黒くなってしまい、ひどい状態でした。
そこで腰壁にしようと思い板を注文しました。
腰壁は、一般的に上の部分は平でまっすぐなイメージがあったのですが、私たちはちょっと変化を求め、玄関に入ったとき、遠くの山並みを
見ることのできるようにと主人が考えたみたいです。
私的にはとても満足しています。製作日数は約3か月かけて全て仕上げました。

 

Kさま ありがとうございます!
とっても凝った腰壁でびっくりしました。

山並みをイメージされているとのこと、

自然な流線型で山並みらしさを表現できている作品だと思います。

まるで壁画のようですね。

1枚1枚カットするのが大変だったことと思いますが

とても楽しんで創られたことが伝わってきて

スタッフみんなでうれしく拝見いたしました。

 

 


 

35

 

36

 

32

 

33

 

34

 

今回ご使用いただいた羽目板はこちらです
杉 羽目板 無節・上小 (木材 10×100×960 15枚) 1束 本実めすかし加工

 

ペットの爪とぎなどで汚れた壁をリフォームしたいと言われるお客さまは多いです。

羽目板は、クロスの上からでも気軽に貼れるので

腰壁を作れば、壁の汚れをかくすのにぴったりですね。

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー: DIY 日曜大工,DIY壁,DIY腰板,ブログ,施工事例(腰板),最新情報,木について知ろう,未分類

黒杉の魅力

ブログを読んで頂き有難うございます。

日田杉ヒノキにこだわりを持って探求しています、羽目板屋どっとこむマルウメ梅江製材所の梅さんです。

最近若い年齢層の人たちに住まいのデザインをアンティーク風に仕上げたい人が多くいらっしゃいます。

日田市内の新しく新築中の家を撮影させて頂きました。

弊社の倉庫に眠っていた材料を使って頂きました。

それは、先代の社長の時代に製材されて未だに使われてなかった古い材料です。

全部ではないのですが、約30数年倉庫に眠っていた材料があります。

IMG_2665a

そんな材料を使って頂き大変木も喜んでいると思います。

IMG_2651a

IMG_2657a

天井の梁、桁は黒の塗料を塗ったそうです。

このような、古民家などに使われてる、古木が人気だそうです。

IMG_2658a

そこで弊社も黒い杉を選別しています。

なかなか取れない希少価値の高いものです。

こんな黒杉で施工された壁・天井、あるいは床は大変アンティークなイメージで独特な風合いが、凄くかっこ良く、渋いと思います。

IMG_2650a

IMG_2640a

この新築の施主は弊社の写真を担当してくれているSさん。

次回のブログで完成した写真をアップします。

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー: DIY 日曜大工,DIYその他,DIY壁,DIY床,ブログ,施工事例,施工事例(その他),最新情報,木について知ろう,未分類

杉の黒(クロ)羽目板

先日杉のハブシについて書きましたが、

今回は黒杉(クロ)についてです

先日、杉の輪切りのイラストを思い出してください。真ん中の赤い部分この赤身部分が真っ黒なのです。

写真は実際の黒い杉の丸太と、通常の綺麗な赤身写真です。
unnamed

2unnamed

黒い杉も丸太の状態で、数ヶ月少しずつ乾燥して来るとアクが抜けてきて赤身の色が変わってきます。

綺麗な、赤い色に変わります。

但し、中には色が黒いまま変わらない物があるのです。

この黒い色は鉄分が黒く変色するらしいのです。

詳細

この黒杉を羽目板にしたものが下の写真です。

黒羽目板

黒の羽目板もなんとなく味があって良いではないかと思います。

これは、ある工務店の社長が言われていましたが、実際に黒い板の上に上がると暖かく感じるそうです。

この商品は少しでもクロくマダラになっているものもクロ、ハブシとして扱っていますので、黒いものばかりではないのですが、

ショップの方においています。

こちらです。

羽目板屋どっとこむ

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー: DIY 日曜大工,DIYその他,ブログ,最新情報,木について知ろう,未分類

羽目板屋.comショッピングサイトへ