羽目板屋どっとこむ TEL:0120-23-3672

梅江製材所 ウメさんのブログ



板の桟積作業の新兵器が仲間入りしました

こんにちは、こんばんは!

 

ブログを読んで頂き有難うございます。

 

先日お伝えしたウッドショックの影響は現在も続き、丸太が高騰中です。

 

この先どうなるのか、先行きが不安ですが

それでも、お客様に少しでもお安く良い材料を提供したいと言う思いだけは変わりません。

 

そんな中、弊社は新兵器を導入しました。

 

この機械と言うか器具。さて何に使う器具でしょうか?

 

 

板積作業マシーン

 

壇積みマシーン

 

 

これは、板の段積み作業がとても楽になる器具なのです。

誰が作業しても、桟の位置を真っすぐにキープしながら積める画期的なマシーンです。

 

実はこのマシーン、中古のテーブルリフター(テーブルを昇降させて、作業に最適な高さに調整ができる省力機器)を改造して作りました、

杉板は乾燥が始まると、クセが出ます、『クセ』と言うのは木の持っている力です。

 

先日のブログでも書きましたが、アテと言うクセがあります。

 

他にもアテでは無いのですが、木が育つ環境によって年輪が重なる時にいろいろなクセが出来ます。

 

それは木が1本で立っているからです。

 

伐採される前の木は、風雨にさらされたり、枝の張り具合によっては

 

蔓が巻いたり、鳥が木に悪さをしたり…と様々な影響を受け成長していきます。

 

傾斜の急な斜面に育つ木は真っすぐに、太陽の方向に枝を伸ばし、光合成を行い、酸素を放出しようとしています。

 

このように、木は一生懸命に育っているのです。

 

いろいろな環境によって1本の木が育つ環境は毎日、違うわけです。

 

その癖が、水分が抜ける時に出てくるのです。

 

そのクセを少しでも緩和、修正出来るように板の間に挟み込む、桟を出来るだけ真っすぐに積み上げます。

 

板を積み上げる時の荷重を1点に集中させ、出来るだけ真っすぐで通直な板のまま乾燥が進むようにするわけです。

 

というわけで、この定規が付いたマシーンを作りました。

 

積み上げた板がこれです。

桟積み用マシーン

 

 

桟積み用マシーン

 

 

板の乾燥

 

 

板の乾燥

 

 

木は伐採された後、内装材、構造材などの建築材として、また家具や食器、アクセサリー等の木製品として、等々….

様々な物に生まれ変わり、生き続けます。

”木は二度生きる”

 

これからも、より良い商品を提供していきたいと思っています。

 

 

タグ: , , , , , ,

カテゴリー: ブログ,最新情報,木について知ろう

桧の原板が入荷しました

ブログを読んで頂き有難うございます。

 

先日、桧の原板が入荷しました。

 

積み替え作業をしました。

 

1週間~10日ほど、軽く風に当てて天然乾燥をしています。

 

全部桟を外して積み替えをして、乾燥機に投入。

 

桟の厚みが薄い為乾燥しにくいので、桟の厚いものに積み替えます。

 

大変手間ですが、これをしないとスムーズに乾燥できません。

 

乾燥むらが出てしまいます。

 

 

 

大変な作業です。

 

乾燥機には68時間(2.8日)かけて、48度~58度の範囲で乾燥させていきます。

 

その後、2・3日自然乾燥させます。

 

そうする事のよって木が元戻ってクセが無い状態になります。

 

天然乾燥に近い材料が出来るわけです。

 

含水率も12%~15%位です。

 

乾燥が上がった状態で、今度はモルダーで削って完成です。

 

 

桧の羽目板

 

 

タグ: , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー: ブログ,最新情報,木について知ろう,未分類,桧フローリング,桧羽目板,羽目板無節

きれいな色合いの板を作るために

ブログを読んで頂きありがとうございます。

 

弊社では羽目板の色合いを少しでもきれいに仕上げるために

 

取り組んでいることがあります。

 

 

板を乾燥するときには、板を段積みにして

 

このように板と板の間に1枚1枚桟をはさみ込んでいく方法があります。

桟積みといいます。

ただし、このやり方では乾燥時間の経過により、桟の後が赤身の部分に残るのです。

 

こんな感じです。

特に無節の板には致命傷と言うか、やっぱりあんまり良い感じしませんね。

 

そこで弊社では下のように2枚重ね合わせて桟積みをします。

2枚の板の表面同士を重ねています。


なぜだと思います?

もう一度、変色した板をご覧ください。

 

赤身部分が濃く変色して、桟木の跡が白っぽく見えますよね。

実は、木材が乾燥し水分が蒸発する過程で、

空気に触れた面が酸化により黒く変色します。

それが変色の一番の原因なのです。

そのため、板の表面をできるだけ空気に触れさせないようにして

変色を防ぐ必要があります。

 

そこで、先程ご紹介したように

表面を中表にして2枚ずつ重ねる方法で桟積みをしています。

 

実際にこのように乾燥させて桟積みした板は下の様になります。

 

下の写真は裏側、少し鉄分が出て酸化し、半黒褐色に変色していますが、、

 

 

ご覧ください、下の画像が、表面です。黒褐色の色は無くなりピンク系に綺麗に仕上がっています、同じ板の裏と表でこんなに違いが出ます。

 

品質の良いきれいな羽目板を作るためには
様々な工夫と努力が必要なのです。

 

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー: ブログ,最新情報,木について知ろう,未分類,羽目板無節

羽目板屋.comショッピングサイトへ