羽目板屋どっとこむ TEL:0120-23-3672

梅江製材所 ウメさんのブログ



桧の原板が入荷しました

ブログを読んで頂き有難うございます。

 

先日、桧の原板が入荷しました。

 

積み替え作業をしました。

 

1週間~10日ほど、軽く風に当てて天然乾燥をしています。

 

全部桟を外して積み替えをして、乾燥機に投入。

 

桟の厚みが薄い為乾燥しにくいので、桟の厚いものに積み替えます。

 

大変手間ですが、これをしないとスムーズに乾燥できません。

 

乾燥むらが出てしまいます。

 

 

 

大変な作業です。

 

乾燥機には68時間(2.8日)かけて、48度~58度の範囲で乾燥させていきます。

 

その後、2・3日自然乾燥させます。

 

そうする事のよって木が元戻ってクセが無い状態になります。

 

天然乾燥に近い材料が出来るわけです。

 

含水率も12%~15%位です。

 

乾燥が上がった状態で、今度はモルダーで削って完成です。

 

 

桧の羽目板

 

 

タグ: , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー: ブログ,最新情報,木について知ろう,未分類,桧フローリング,桧羽目板,羽目板無節

乾燥機の話④

乾燥機を使い始めて早、1ケ月経ちました。

まだまだ、勉強不足。

生材(製材直後)の桧を乾燥してみました、1Z0-517

乾燥前の含水率は約55%でした、

下の画像は温度45度~65度の中温で5日間乾燥機に入れてみました、(正確には35度~)

桧のフローリング

少し乾き過ぎかな~って言うくらい。

桧のフローリングの含水率は12%~13%位が理想とされています。
1Z1-868
これはまぁまぁ上手く行きました。

桧無無節フローリング

天然乾燥で2週間ほど乾燥した後、

この装置に入れて、天然乾燥では乾ききれない木材の水分を絞り出す、

このやり方が一番だと考えています。

下の画像は天然乾燥の杉赤身無節の板です。

kannsoukihi3_

乾燥釜

まだ、この装置を使いこなすまでにはもうしばらくはかかるかと思います。

一番良い乾燥スケジュールで皆様に質の高い羽目板やローリングを

お届けする為に日々精進をします。

羽目板屋どっとこむマルウメ

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー: ブログ,最新情報,木について知ろう

乾燥機の導入③

前回の続編です。

木材の人口乾燥は、厚みと幅、長さ等のサイズ別にスケジュールを組んで乾燥させます。

これは、乾燥機のメーカー、林業試験場などが開発したもので、

木材を乾燥させる為の予定表です。

つまり、タイムスケジュール

下の写真が弊社が行っているスケジュールです。

低温・中温(60度以下)でゆっくり乾燥させます。

天然乾燥に限りなく近くする為です。

乾燥スケジュール表

十数種類のステップで5日間、、内部温度と湿度と空気の別々の温度、温水の温度などを

数時間おきに変えながら乾燥して行きます。(全てコンピュータ制御)

乾燥釜

乾燥釜2

5日目には、色艶等も天然乾燥とほぼ変わらない、いや、むしろ天然乾燥よりも良い上質の木材が出来あがります。

これは現在の住まいに適したと付け加えておきます。

桟積み

含水率

上の画像は桧フローリングを削る前の段階で、含水率を測定しているところです。

9.5%でした、少し乾燥しすぎでした。

現代の乾燥技術には私自身、本当に驚いています。

この続きは月刊梅江製材所でも詳しく解説します。

マルウメ

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー: ブログ,最新情報,木について知ろう,未分類

木材乾燥機の導入②

前回の続きです。 現代の家屋はひと昔に比べるとかなり違っています。 現代の住まい 夏の暑い時期にエアコンをガンガン効かせます。 冬も同じように暖房を効かせて暖を取ります。 そうすると、木は、今まで経験した事も無いような環境にさらされます。 原因は高断熱、高気密住宅が普及した為、 木がその環境に耐えきれなくなったためです。 やがて、反りや、割れの原因になる可能性があります。 現代の住まい 従って、 あらかじめ木にその環境を経験させて落ち着かせる必要があります。 そこで今回導入した木材乾燥機で十分に含水率を15%までぐらい下げておけば、 *捕捉(天然乾燥では乾ききれない木材の含水率は18%以下です) 木はその環境にも馴染んでくれます。 乾燥機 木は一旦乾燥するると、含水率が上下2%程しか戻らないと言う性質があります。 現代の住まいに対応した品質の良い木材(主にフローリング)を供給できます。 下の写真は木材乾燥機の制御盤の写真です。 制御盤 このソフトで乾燥機、炉内の温湿度、温水の温度、乾球温度等を一目で分かるようにコントロールしています。 乾球と湿球温度等難しい用語が並んでいますが、、 この乾燥機のメーカーはランニングコスト削減で特許出願中です。詳細 次回は木の乾燥スケジュールについて解説します。 羽目板屋どっとこむマルウメ

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー: DIY床,ブログ,施工事例,施工事例(壁・天井材),最新情報,木について知ろう

階段板の乾燥

先日の階段板が乾燥から上がり仕上がりました.

乾燥した物を4面プレーナーで削りました。

階段材量

_階段材

綺麗なピンク色です。

これは製材した直後の色とほぼ変わりません。

現在の最先端乾燥技術にはビックリしました。

ほとんど、割れ、ソリも無く、むしろ天然乾燥よりも良い様な?

時間が経って紫外線を浴びた時の杉の赤身特有の色が少し違ったような気がしますが、、、

ほぼ天然乾燥と変わりませんでした。

羽目板屋どっとこむ マルウメ梅江製材所

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー: ブログ,最新情報,木について知ろう,未分類

釜入れ、(乾燥)

先日、挽いた階段の踏み板はこんな感じで出来あがりました。

階段板

早速、乾燥機に投入。

kansou2__

kansou__

厚みが厚いので、5日間スケジュール、乾燥進んでくれるか心配です。

乾燥機の中の温度は60度位中低温乾燥です。

羽目板屋どっとこむマルウメ

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー: DIYその他,ブログ,最新情報,木について知ろう

木材乾燥装置の視察に行きました

宮崎県日向市の某工場に木材乾燥装置の視察に行きました、 日田市から約3時間半ほとんど高速道路を走り やっとたどり着きました。、 中温60度〜80度で乾燥します。 120ミリのヒノキの角材、ほとんど反り、割れも無く、乾燥できます。 木屑を燃料にし、お湯を沸かし蒸気を使って乾燥します、 クリーンなエネルギー、とてもエコな乾燥機。 現在導入を検討中、、 ちなみに乾燥機のメーカーは,東北通商 マルウメ

タグ: , , , , , , , , ,

カテゴリー: DIY 日曜大工

羽目板屋.comショッピングサイトへ