羽目板屋どっとこむ TEL:0120-23-3672

梅江製材所 ウメさんのブログ



木について知ろうの記事

板の桟積作業の新兵器が仲間入りしました

こんにちは、こんばんは!

 

ブログを読んで頂き有難うございます。

 

先日お伝えしたウッドショックの影響は現在も続き、丸太が高騰中です。

 

この先どうなるのか、先行きが不安ですが

それでも、お客様に少しでもお安く良い材料を提供したいと言う思いだけは変わりません。

 

そんな中、弊社は新兵器を導入しました。

 

この機械と言うか器具。さて何に使う器具でしょうか?

 

 

板積作業マシーン

 

壇積みマシーン

 

 

これは、板の段積み作業がとても楽になる器具なのです。

誰が作業しても、桟の位置を真っすぐにキープしながら積める画期的なマシーンです。

 

実はこのマシーン、中古のテーブルリフター(テーブルを昇降させて、作業に最適な高さに調整ができる省力機器)を改造して作りました、

杉板は乾燥が始まると、クセが出ます、『クセ』と言うのは木の持っている力です。

 

先日のブログでも書きましたが、アテと言うクセがあります。

 

他にもアテでは無いのですが、木が育つ環境によって年輪が重なる時にいろいろなクセが出来ます。

 

それは木が1本で立っているからです。

 

伐採される前の木は、風雨にさらされたり、枝の張り具合によっては

 

蔓が巻いたり、鳥が木に悪さをしたり…と様々な影響を受け成長していきます。

 

傾斜の急な斜面に育つ木は真っすぐに、太陽の方向に枝を伸ばし、光合成を行い、酸素を放出しようとしています。

 

このように、木は一生懸命に育っているのです。

 

いろいろな環境によって1本の木が育つ環境は毎日、違うわけです。

 

その癖が、水分が抜ける時に出てくるのです。

 

そのクセを少しでも緩和、修正出来るように板の間に挟み込む、桟を出来るだけ真っすぐに積み上げます。

 

板を積み上げる時の荷重を1点に集中させ、出来るだけ真っすぐで通直な板のまま乾燥が進むようにするわけです。

 

というわけで、この定規が付いたマシーンを作りました。

 

積み上げた板がこれです。

桟積み用マシーン

 

 

桟積み用マシーン

 

 

板の乾燥

 

 

板の乾燥

 

 

木は伐採された後、内装材、構造材などの建築材として、また家具や食器、アクセサリー等の木製品として、等々….

様々な物に生まれ変わり、生き続けます。

”木は二度生きる”

 

これからも、より良い商品を提供していきたいと思っています。

 

 

タグ: , , , , , ,

カテゴリー: ブログ,最新情報,木について知ろう

商品価格改定のおしらせ〜急に丸太が高騰し始めました。〜

こんにちは、こんばんは!

 

ブログを読んで頂き有難うございます。

 

突然ですが….

 

先日より丸太の単価が急上昇し始めました。

 

みなさん、ウッドショックと言う言葉を耳にしましたか?

 

私もつい先日まで知りませんでした、、

 

現在コロナ禍で、アメリカと中国、更にヨーロッパでも凄く住宅産業が盛んになってきており

 

アメリカ、カナダ等北米からのホワイトウッド・レッドウッド等の木材が入って来なくなっています。

 

要は、リモートワーク、テレワークが増えて、仕事場を別に改装、新築するようになっていると考えられます。

 

 

また、中国では内需拡大で住宅がたくさん建てられています。

 

日本から中国へ、杉、ヒノキの原木を大量に輸入しており、

 

その量は半端ないです。。。

 

その結果、今年の3月の中旬辺りから、原木が高騰し始めたのです。

 

構造材がほとんどなのですが、

 

これまで、中国から日本に輸入していた、日本向けの内装用建材も現在はほとんど入って来なくなっています。

 

その影響で我々の製造販売している羽目板フローリング等も

 

かなりのダメージを食らう事になりました。

 

 

材料が無いので、規模の大きな製材所や住宅業者が丸太を買い占めに

日本全国から買いに来ているのです。

 

 

この状況は数年続くであろうと考えています。

 


 

上記の理由により、現在の商品単価を維持することが難しい状況となってしまいました。

 

つきましては、誠に不本意ながら、5月より製品価格を改定させていただきます。

 

価格改定の詳細な日時につきましては未定ですが少しずつ変更していく予定です。

 

ご迷惑をおかけしますが、何とぞ余儀ない事情をご理解くださいますようお願い申し上げます。

 

 

 


 

 

LINE@からご自慢の施工写真を送ってください
トークで簡単に送れます。

友だち登録おねがいします(•ө•)♡

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

タグ: , , , ,

カテゴリー: ブログ,最新情報,木について知ろう

明けましておめでとうございます。進化した、乾燥機2機で対応いたします。

皆様、あけましておめでとうございます

 

思えば、去年一年、新コロで始まり、新コロで終わった1年でした。

 

年末から、例年になく寒い冬になりましたね。

 
旧年中はたくさんの方にご愛顧頂きありがとうございました。

 
今年も皆様の為にサービス向上に努めます、

また、更に進化したマルウメ梅江製材所をどうぞ宜しくお願い致します。

 

さて、先日弊社に新しく2台目の乾燥機を増設しました。

 

黒いフォルムで中身も進化した乾燥機ですのでご紹介します。

 

先月、12/8に乾燥機が届きました。

 

乾燥機自体は空洞ですので3トン程らしいです。

 

懇意にしているクレーン屋さんに卸して頂き設置しました。

 

 

2機の乾燥機を並べて設置

新乾燥窯

 

下の写真が現在使ってる制御
乾燥機の制御装置

 

こちらが新しく進化した制御装置になります。

新乾燥機の制御装置

 

東北通商 SDM

 

 

新しい乾燥機の方はファンの正転、逆転が1時間おきに自動で切り替わり、乾燥ムラを防ぐよう工夫されており、

 

温度グラフ、乾球温度、室球温度、炉内の木材の乾燥の度合い等

 

様々な、工夫がなされて、より効率よく、

 

かつ、限りなく天然乾燥に近い、乾燥が出来、前の乾燥機と比べたらかなり進化しています。

 

 

 

今年はこの乾燥機を充分に活かして、去年在庫が無くてお断りしたお客様にも
 

お取引が出来ますように頑張ります。
 

今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

タグ: , ,

カテゴリー: 乾燥機,最新情報,木について知ろう,未分類

木材のアテついて

こんにちは!こんばんは

ブログを読んで頂きありがとうございます。

今日は杉のアテについて書きます。

アテって皆さん知らないと思います。

以前特集でもアップした記事ですが、突然変異として記事を作りました。

アテとは住宅建築専門用語でも出ています。

ようしつ 陽疾(反木)とも言うらしいのです。

アテ

これは、非常に厄介な性質を持っています。

弊社で製材した板にもこんなにアテのひどいものがありました。

木材のアテ

上の画像の板は弊社で製材後に乾燥機に入れた後、ここまで反ってしまいました、、
(写真に加工はしていません)

木は一本で立っていますので、非常に不安定な状態で真っすぐに成長しようとして地面深くに根を張ります。

成長しながらいろんな環境条件に適応しながら、太陽の方向に枝を張って活きます。

なので、風が吹こうと嵐が来ようと雨が降ろうと、がんばって毎年1個づつ年輪を重ねて生きていくうちに

その環境条件に適応しようとして反発しながら成長するのです。

 

杉のようしつ

木材のアテ

それがこのようなアテを生みます。

更に、年輪を重ねていくうちに環境が変わったりを繰り返し、

樹皮の表面にはもうアテは無くなったりもします。

我々、製材所もこの厄介なアテに苦しめられます。

アテは、1等材(節ありの良品)にも何にもなりません。

廃材にしかならないのです。(おが屑もしくは薪)

なるべくアテがある材を仕入れないようにするしかないので

丸太を仕入れる時は、アテと戦っています。。(笑)


LINE@からご自慢の施工写真を送ってください
トークで簡単に送れます。

友だち登録もおねがいします(•ө•)♡

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

お電話でのお問い合わせ:フリーダイヤル0120-23-3672
メールでのお問い合わせ:yacog1@ever.ocn.ne.jp
FAX:0973-23-3844(FAX注文用紙)

タグ: , , , ,

カテゴリー: 最新情報,木について知ろう,未分類

床板の端材でヒノキ風呂

いつもご注文いただいているお得意様の
広島県のT様からLINEにメッセージが届きました。

弊社のヒノキフローリングの端材をお風呂にいれて入浴されているそうで
素晴らしいご感想をいただきました。

ご紹介させていただきます。

 

画像のように、ヒノキの床板の残りをネットに入れて入浴されているそうです。


弊社の無垢のヒノキとは別に、集成材のヒノキでも試されたそうですが、
集成材と無垢材でも違いが感じられたようです。
いただいたメッセージを抜粋して紹介させていただきます。

今日帰宅して先ほどマル梅様の無垢材をカットして入浴剤にしてみました。
明らかに違います。
集成材の時は熱目の温度43度位で使用しました。
今日は40度以下の温め
でもかなり身体が温まりました。しかも薫りは強く
勿論強烈ではないですけど
集成材の比じゃないです。
お湯の円やかさも明らかに違いますね。入浴剤買わなくて済みます。
髭剃り後の潤いや身体の潤いも違いがわかりますね。
因みに鋸で切り刻みを入れたのを使いました。
(お風呂)のサイズは400リットル位の湯船です(半分位まで入れたので200リットル弱です参考までに)
ネットで改めて調べたら集成材でもF 4クラスの集成材なら入浴剤として使えなくはないみたいでした。
でも接着剤があるのであまりオススメではないみたいです。
やっぱり無垢材は素晴らしいですね。

母が三時間後に入ったんですが、温めにゆっくり浸かって入り
いつもなら保湿剤を塗るけど、塗らないで済み、
香りも全然違うし
温めなのにしっかり温まり
翌朝まで爆睡出来たととても喜んでました。

後日またメッセージが届き

こんばんはお世話になっております。
結局フローリング入浴剤仕様は105ミリ幅130幅位の端材料を八枚ミカンのネットに、一まとめにして使うのが我が家ではベストでした。頭を洗った後リンスも必ずしますが
お湯を掛けて出て乾かしたら髪の毛の潤いや艶や手触りも明らかに違いますね。
連日薫り良く絶好調です。
お湯の温度を高めにしてもお湯が柔らかく
しっかり温まれてホントに助かってます。とにかく夜良く眠れますね
母も夜の(トイレ)の回数が二、三回だったのが明け方一回になりフローリングも桧だったのに更に良く眠れて凄く良いと言ってます。

驚きました。正直ヒノキの端材をこんなにも大絶賛していただけるとは思ってもみなくて
でもとってもうれしいメッセージでした。

改めて無垢のヒノキの素晴らしさを確認できました。
ご興味のある方は、施工後の残った材料で、またはサンプル材で試してみてはいかがでしょう?

(※上記の感想はあくまでもTさまのご意見です。効果には個人差があります。)


LINE@からご自慢の施工写真を送ってください
トークで簡単に送れます。

友だち登録もおねがいします(•ө•)♡

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

お電話でのお問い合わせ:フリーダイヤル0120-23-3672
メールでのお問い合わせ:yacog1@ever.ocn.ne.jp
FAX:0973-23-3844(FAX注文用紙)

タグ: , , ,

カテゴリー: ブログ,施工事例(その他),最新情報,木について知ろう,桧フローリング

【お客様からのお問い合わせ14】〜マルウメの羽目板は無垢の一枚ものです〜

こんにちは。ブログを読んでくださってありがとうございます。

 

昨日お客様からこんなお問い合わせがありました。

 

「マルウメさんのフローリングは、ユニや継ぎではなく一枚物でしょうか?」

 

長年製材業を営んでいて大変お恥ずかしい限りですが、

 

この「ユニ」というのが何のことかわかりませんでした。

「継ぎ」というのは集成材の事かなとなんとなくわかりました。

 

早速ググってみました。

「ユニ」とはユニットの略で、フローリングを製作するときに長さ方向で継いだ板の事だそうです。

更に長さ方向にも幅方向にも継いだ板はFinger joint laminationの略で「FJL」これは一般的に集成材と呼ばれます。

同じ無垢フローリングでも「ユニ(UNI)」と、「FJL」、「一枚もの(OPC)」の3種類に分けられるとのことです。

 

この継ぎが少ないほど高級な無垢の板ということです。

 

もちろん、弊社の羽目板、フローリングは無垢の一枚ものです。

それが当然だと思っておりましたので、特に商品ページに記載しておりませんでした。

杉とヒノキのフローリング

自分たちにとっては当たり前のことでも、無垢フローリングを探されているお客さまにとっては

一枚板とはっきりわかりにくくて不親切なページだったなと反省しています。

ネット販売を始めて11年くらい経ちますが

お客さまからのお問い合わせで毎回勉強させていただく日々です。

ありがとうございます。これからも精進します。

タグ: , , , ,

カテゴリー: DIYその他,お客さまからのお問い合わせ,ブログ,最新情報,木について知ろう,杉フローリング

杉の抗菌作用は新型肺炎コロナにも?

ブログを読んで頂きありがとうございます。

 

新型コロナウイルスのお陰で、

 

公立小中高の休校やイベントの自粛・キャンセルなど

 

なるべく人混みは避けたいところですね。

 

弊社工場の前のドラッグストアの店頭もこんな感じ

 

マスク売り切れ

 

トイレットペーパーも品切れ

 

トイレットペーパー品切れ

 

 

今や、、世の中大パニックになってます。

 

いつ、治まるのか心配ですね。

 

そこで杉の香りが新型コロナウイルスに勝てるか、

 

インフルエンザには効力を発揮する記事は以前耳にタコが出来るほど、(笑)

特集ブログでも書きましたよね。

 

下の記事です。

 

 

インフルエンザ予防になるならコロナウイルスにも対処出来るんでは??

 

注目したいのは唾液の中の免疫グロブリンAと言う免疫物質です。

 

 

杉の持つ香、免疫力でコロナにも効力を発揮すると期待したいところです。

 

 

 

 

タグ: , , , , , ,

カテゴリー: ブログ,最新情報,木について知ろう,未分類

インフルエンザに負けない体づくり〜杉がもたらす素晴らしい効果〜

ブログを読んで頂きありがとうございます。

今年の冬はいつもより気温が高く、日田市でもまだ雪を見ていません。

日田市の1月.2月の寒さは特別です、朝晩の温度差が激しく、冷え込みが厳しい季節です。

日田市は盆地なので凄く底冷えするんです。

これは、4年前2016年の1月25日に撮影したものです。

雪も例年だとこの時期はこんな感じなんですが、まだ降る気配もありません。

冬はやっぱり寒いのが当たり前なのですが

やはり地球温暖化の影響でしょうか。

山間部でもスタッドレスタイヤはいらないんじゃないかと思うくらいです。

さて、中国で発生した新型コロナウイルスへの感染が拡大してきているようで怖いですね。

日田市でも、気温は高いですがインフルエンザが流行しています。

この時期特集ページ等で何度もお伝えしてきましたが、

杉の成分の素晴らしい効果についてお伝えします。

杉やヒノキの持っている香りの成分セドロールは癒し効果をもたらすと言われています。

また、九州大学の実験で杉の持っている免疫グロブリンAという免疫物質がインフルエンザウイルスを攻撃するという結果も出ているのです。

そしてこれはみなさんもご存知だと思いますが、無垢の木はコンクリートや新建材に比べて触ったとき温かいですよね。

これは身体から熱を奪う割合が、木は圧倒的に低いからなんですが

直接触れない壁などでも天然木を使用することでお部屋の温度の低下を防ぎ身体の冷えも軽減されるようです。

冷えは万病の元といいますからね。

以前特集ページに掲載していますので詳細をご覧ください。

第41回 月刊梅江製材所「見直される木造校舎」について

日頃から免疫力をアップさせてインフルエンザや新型のウイルスにも対抗できる体質づくりをしたいですね。

タグ: , , , , ,

カテゴリー: ブログ,最新情報,木について知ろう,未分類

桧のヤニつぼ

 

ブログを読んで頂きありがとうございます。

 

今年も残りわずかになりました。

 

クリスマスには弊社のメルマガ配信予定しています。

 

さて、、

 

先日、桧の桟積みをしていた時にヤニ壺を発見しました。

 

以前も桧のヤニについて書きましたが、、

 

下の写真見てください、こんなに大きなヤニ壺は珍しいです。

 

桧のヤニ壺

 

このヤニ壺からヤニがにじみ出てきます。

 

桧のサイズは12ミリ×110ミリ×2mの板です。

 

これからこの板は87幅の羽目板に加工します。

 

モルダー加工したら、また写真でご紹介しようと思います。

 

このヤニ壺から、延々とヤニが出てくるのです。

 

厄介なものです。

 

施工後塗装しても内側からにじみ出て来る例があります。

 

空気に触れればヤニは出ない傾向があるようです。

 

それから、ヤニが出やすい時期があって、

 

だいたい夏場に出やすい傾向になります。(4月半ば~7月位)

 

ヤニについては我々もなかなか分かりません。

 

何か分かり次第このブログに書いていこうと思います。

 

 

 

 

タグ: , , , ,

カテゴリー: ブログ,最新情報,木について知ろう,未分類,桧羽目板

木表と木裏について【お客様の問い合わせ12】

ブログを読んで頂きありがとうございます。

お客様のお問い合わせについてのブログを書いています。

 

今回はプロの大工さんからの問い合わせで、

 

木表と、木裏についての問い合わせでした。

 

木には表と裏があります。

 

画像の板の上が木の表が下の方が木裏と言います。

 

弊社の羽目板、フローリングは木表をお部屋の表面に使うように削っています。

 

木表の方をモルダーで2回削って綺麗に仕上げます。

 

裏の方は反り止めの溝を掘っていますので、

 

表と裏は素人でも分かるようにしています。

 

 

お客様は他のネットショップから表と裏をバラバラに表面に使うように削った羽目板を

 

購入したようで、一方方向の反りなら問題がなかったと思うのですが、

 

バラバラに削った羽目板なので、反りが出て来て、後悔してるとの事でした。

 

弊社はその点では、心配はありません。

 

木の表と裏、木材の性質を知っていれば、必ずDIYや木の使い方に役立ちます。

 

ここのサイトで詳しく紹介しています。

https://diy-ie.com/ch-howtousewood.html

 

タグ: , ,

カテゴリー: お客さまからのお問い合わせ,ブログ,最新情報,木について知ろう,未分類

羽目板屋.comショッピングサイトへ