羽目板屋どっとこむ TEL:0120-23-3672

梅江製材所 ウメさんのブログ



杉の総赤身板無節羽目板の製造

ブログを読んで頂きありがとうございます。

 

台風19号が甚大な被害が出ています。

 

本当にここ最近災害ばかりで大変です。

 

被災者の皆様のご冥福をお祈りいたします。

 

さて、

 

弊社、杉の総赤身の無節を製造販売していますが、

 

その工程をブログにしました。

 

末口40CM以上の大きい丸太で外側の方は軒先垂木を取り、

 

中の赤い部分で、総赤身の無節板を狙って製材します。

 

製材する前の丸太

 

杉の丸太

樹齢70年~100年近い目の細かい樹を仕入れました。

 

外側の方はこのように盤木に挽いておいて天然乾燥します。

天然乾燥

 

軒先垂木
この盤木を3ヵ月天然乾燥して更に製材して軒先垂木に挽きます。

 

それが、下記の画像の商品になる分けです。(4.5c×7.5c)

 

 

外側の部分は上記画像の、盤木、中身の赤身の部分はこうなります。↓の写真

 

さて、話を元に戻します。

 

中の残ったところは、このようになります。

 

総赤身の無節板

 

ここが赤身ばかりの節無しの部分、ここから、総赤身の無節板を製材して行きます。

 

出来上がった総赤身無節はこのようにして

 

以前のブログでご紹介しましたように

 

木表面を向かい合わせて桟積みします。

 

 

 

約2か月の天然乾燥後綺麗な色が出て艶も最高の仕上がりになります。

 

出来上がるまで、一番難しい事は丸太を探すって言う事です。

 

このようにして総赤身無節が出来上がるまでの道のりは、工程がすごく長く、手間が掛かる事ですが、

 

私たちは、この手間を惜しみません。

 

マルウメ梅江製材所

 

 

 

 

 

 

 

タグ: , , , , , ,

カテゴリー: ブログ,最新情報,木について知ろう,未分類,杉総赤身

杉の赤身の不思議①

スギの赤身についてお話しします。その第1話です。

スギの赤身は、品種によって赤、黒、茶系、褐色と様々な色を呈します。

この心材部分(赤身)には、樹木自体が自分の体を守っていくための成分、「抽出成分」が辺材部より多く含まれています。

辺材部分とは、外側の白い部分、白太(しらた)と呼ばれる部分です。

この成分が多く含まれることによって、腐朽菌・虫・耐蟻性に対しての抵抗力、耐久性が強くなると言われています。

又、一旦乾燥すると、赤身部分の細胞をつなぐ物質、トールスと呼ばれる、言わばストローみたいな水分の通り道が、

蓋をしてしまい、水分を吸収しなくなります。

法隆寺昭和大修理に携わった西岡棟梁は「杉の赤身は100年もつとも言われています」

実際は、100年どころか、100年以上経過している例も一杯あります。

スギ独特の(辺材)赤い色は、人間の目にとって温かみを感じさせ、

落ち着いた空間づくりを手助けすることと思います。

杉の赤身羽目板の商品のラインナップ

資料提供者日田林工林産工学教諭:河津文章

マルウメ





タグ: , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー: ブログ,最新情報,木について知ろう

羽目板屋.comショッピングサイトへ